屋久杉の館さやかな木の香り漂う屋久杉の館には、樹齢3000年以下の屋久杉を使ったさまざまな工芸品を展示しています。色や年輪、こぶなど、世界に一つとして同じものがない屋久杉の工芸品。独特の存在感が特徴のつい立て、木の温もりが優しいテーブルなど、屋久杉の生命の神秘を肌で感じられそうです。屋久杉の館は、霧島神宮所有地の御神木を用いた由緒正しい建物。特に、昭和天皇から賜った床柱は必見です。廊下からは、川のせせらぎ、野鳥のさえずりをBGMに、春は山桜、夏は新緑、秋は紅葉と霧島の四季折々の風景が楽しめます。